救助費用は必ず支払えよ!

アウトドアは大嫌いなので全くやる気はありません。
だからというわけではないのですが、山に入って救助要請をしたのに結局は自分で下山して自宅に帰るまで連絡しない輩に対して腹が立ちました。
ヘリでの捜索に加えて救助に向かったのは6人です。
下山して電車に乗って帰宅して22時過ぎに連絡って頭がおかしいんじゃないですか?
悪天候のヘリのでの救助や捜索隊の人達の努力をなんだと思っているんでしょうか?
山開きもしてないのに軽装で山に入る人は自己責任で救助要請なんてするな。
登山届けも出さない人を救助する義理なんてない。
近年、自分の事しか考えない人がとても多い。
報道される機会が増えたからかもしれませんけどね。
救助費用は必ず支払えよ!と思います。

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済がすすみまくっていますね。
日本は海外に比べてキャッシュレス率は低い。
ゴールデンウイークに入るこのときにキャンペーンをたくさん増やしているようですよ。
キャッシュレスでスマホ払いだと料金が安くなるとか、ポイントが多くもらえるとか、商品が多くなるとかいろいろ差があるみたいです。
先輩薬剤師Tさんは、スマホで払うのが当たり前という人です。
彼女にも良さを力説されましたよ。
そもそも、私がガラケーなのでスマホですらないんですけど。
ガラケーだってネットが使えるから可能ではあるけれど、余計なことはしたくないので使いません。
世の中に取り残されている感は否めないけどしかたがないかなとおも思っています。

図書館で本を借りて読んでみて・・・

図書館で本を借りて読んでみて、気に入ったら自分で購入することがたまにあります。
でももう一回借りて読むということもありますね。
今日、久しぶりに二度目の読書をしてみたんです。
その作者さんの中では一番マシ、というかその本くらいしか二度も読む気が起きないという本です。
ドラマ化もされていて、そのドラマが良かったという話しを聞いたばかりだったので原作をもう一度読みたくなりました。
しかし!
読後の感想としては、最初に読んだときほど良いようには思えませんでした。
なんでか不思議です。
キャラクターがそれぞれの独白があって、最後に向かっていくという話しです。
三回目はないかなぁ。
ドラマの方が面白いような気がしてきました。

結婚するための行動

世の中には結婚するための行動としていろんなジャンルがある、ということを知りました。
ロボット婚活とは!
向き合って直接会っているのにロボットがコミュニケーションをとるだけで本人は話さないお見合いパーティーです。
アホかな!?と思っちゃいました。
しかもロボットの声がみんな同じだから、聞き取りにくいんですよ。
これでカップルが誕生しているとか意味不明だわ。
会わないでスカイプでとかならともかく、そこまでコミュニケーションがとれない相手と付き合ったり、ましてや生活を共にしたいと思いますか?
DNA検査婚活は自分の遺伝子を調べてそれで合う人とマッチングしてくれるんだとか。
遺伝子レベルで相性が良くてもやっぱり見た目とかのフィーリングも大切だと思いますけど。(笑)

二人が優勝でいいでしょっ!!

全豪オープンテニスは大阪選手が二試合連続で逆転勝利。
その次に行った錦織選手の試合はまさに激闘でした。
第一セットからタイブレークまで持ち込み、スペインのカレノブスタ選手の勝ち。
二試合目も彼の勝ち。
これで、もう駄目かなと思ってしまって本当に申し訳ございません!!
3セット目で再びタイブレークで今度は錦織選手。
そしてその次もとると、同店でファイナルセットに。
途中まで勝っていたのに、三度のタイブレーク。
ずっと錦織選手が劣勢でしたが、最後の最後に勝利。
もうね、この二人が優勝でいいでしょって言いたくなりました。
だってこれが決勝じゃないなんて、ダメでしょ!!
両選手は本当にどちらも素晴らしい試合を見せてくれました!

『貸出許可証明書』

今の職場はいまだにFAXを活用しまくっています。
なかなかアナログなことをしているなと前々から思っていましたけど、こればっかりは日本の文化って言ってもいいくらい使っているところはあるんですよ!
必要ないものは印刷しないというのは大昔とは違いますね。
自分がたまたま見たときにあったのが『貸出許可証明書』と記載されたものでした。
印刷せずにスクロールをしてみたら、なんと!!無担保で2000万円まで貸してくれるという夢のような通知でした。
ってそんなものに助けを求めるような生活はおくっていませんよ!
無担保で2万円だってありそうもないのにこんなばかげた話しを信用することはありません。
それでもこんな風に無差別に送るというのは成果があるんですかね。

幸福の感じ方

幸福の感じ方、という心理テストをしました。
とある駄菓子屋さんで「あめ玉詰め放題」というのを買いました。
自由に選べるあめ玉をどうやって詰めますか?
全種類詰める、10種類詰める、3種類くらい詰める、一番好きな1種類だけ詰める。
自分は迷う余地もなく3種類にしました。
これを選んだ人は現実的な人であり、身の丈にあった充実感を味わったときに最も幸福を感じるようです。
これは読んでみてあてはまるなぁと思いました。
ものすごく小さなことで幸せを感じるし、そしてこんなことで幸せだと感じている自分にも安心しているところがあります。
でも実は、1種類の方には平穏無事であるときとあって、そっちにも当てはまると思いました。(笑)

データー改ざんの恥

中国製や韓国製は信用できない。
やっぱり日本製のものが一番安心できます。
それなのに、日本でもデーター改ざんをする企業が多すぎますよね。
東日本大震災があって耐震について、さまざまなところで耐震強化に乗り出したわけです。
避難所にしていされている場所やその県の中枢である建物などなど。
その耐震強化のデーター改ざんだなんて信じられません。
データー改ざん方法が引き継ぎで伝授されていたとか恐ろしいことです。
避けられることが出来ない災害がいつかはくる。
そのためのことなのに、人の命をなんだと思っているんですかね。
その話しをしているのを、知らない社員が聞き上司に報告して発覚したそうですけどその上司がもみ消していたらどうなっていたんでしょうか・・・。

あの四角いものをむけて動画を撮る

事件現場では一般人が競うようにあの四角いものをむけて動画を撮っているシーンをよくみかけます。
テレビカメラに映るその人達は、いいようには見えません。
立て続けに起こる災害で、傾いた家の前などで記念撮影をする人がいると聞きました。
住民が注意をすると、何の権限があるのかなどど逆切れする輩です。
観光気分で家族連れやカップルがくるなんてゾッとします。
これだからインスタ映えだかなんだか知らないけどSNSの弊害は嫌になります。
液状化してしまった家は、普通ではない形になってしまっています。
大きな被害は家だけではなく気持ちだってあります。
子供に見せたいとか言う親は、自分の家がそうなってもそんなことが言えるんでしょうか。
そういう人達が被害に遭えばいいのにと詮無いことを思ってしまいます。

路上で寝てしまう人

沖縄では路上で寝てしまう人が多いそうです。
飲んだあとにお店を出てから駅とかで寝ている人がいるというのと同じようなことなんですかね?
偏見が入っていることは承知ですけど、沖縄の人は酒豪で自分の限界以上も飲み続けるというイメージがあります。
路上寝は7000件ほど通報があるくらいなんだとか。
そんなところで寝ていて車が轢いたらとしても轢いた方が被害者ですよ!
タクシー会社は路上寝をしている人を安全なところに移動させて通報するように取り決めがあります。
だからタクシー会社の人は気を付けていたけど事故は起きました。
それなのに見えなかっただけで轢いてしまいました。
もし轢かれたのが自分の身内だったとしたら恨むどころか謝罪をしたくなります。