少子化のなみはヤクザにもきているそうですね。
ヤクザといえば私にとっては小説の物語の中に出てくる人達です。
子供が少ないのだからヤクザになる人も少ないでしょうね。
実際はどうかわかりませんが、インテリヤクザとか小説には多い印象です。
昔ながらの昭和なヤクザはあまりいないというのは、物語の中だけなのか実際のことにもあてはまるんでしょうかね。
ヤクザの上下関係が嫌厭されてそういう組織に属さない人達が増えているそうなので、怖い人達がいることはいるんでしょうね。
暴力や何かしらの力で人からお金を巻き上げるイメージがあるので、やはり好きではないです。
反社会的なことで生計を立てている人達がいなくなることはないでしょうけれど、少なくなるといいですね。