歩き方を科学的に分析して数値化した年齢

歩行年齢というの人の歩き方を科学的に分析して数値化した年齢のことです。
ウォーキングがはやっていて、高齢の人も行っている人が多いですね。
しかし間違った歩き方をしているとせっかく健康のために運動をしているのに、むしろマイナスになることがあります。
歩幅と左右の足の間隔と、踏み出したときの足の角度で調べるようです。
歩き方から将来起こりやすいリスクまでわかるなんてすごいですよね。
基本的に歩幅は自分の身長からマイナス100が理想的なんですって。
わかりやすいですけど、単純に考えてもかなりの大幅ですよね。
歩幅が狭い人がおおいので大股で歩くようにすれば自然と背筋が伸びるという理屈はわかります。
足が短いからわざとらしくならない程度で大股にしようと思います。