『貸出許可証明書』

今の職場はいまだにFAXを活用しまくっています。
なかなかアナログなことをしているなと前々から思っていましたけど、こればっかりは日本の文化って言ってもいいくらい使っているところはあるんですよ!
必要ないものは印刷しないというのは大昔とは違いますね。
自分がたまたま見たときにあったのが『貸出許可証明書』と記載されたものでした。
印刷せずにスクロールをしてみたら、なんと!!無担保で2000万円まで貸してくれるという夢のような通知でした。
ってそんなものに助けを求めるような生活はおくっていませんよ!
無担保で2万円だってありそうもないのにこんなばかげた話しを信用することはありません。
それでもこんな風に無差別に送るというのは成果があるんですかね。

コメントは受け付けていません。