一生後悔するかも?

アスリートにはアスリートの考えがあるのでしょうが、余裕でゴールをする姿はちょっと微妙な気持ちになります。
予選だったら体力消耗を避けることも必要なんでしょう。
でも直前で抜かされてしまったらどうするんだろいうというヒヤヒヤ感がありますよ。
そして、心配することが起こってしまいました。
フィニッシュ直前に喜びの万歳をした選手。
その瞬間に抜かされてしまいました。
メダルの色がかわってしまったわけではありません。
彼女は3位だったので、銅メダルの可能性があったのにそれを逃してしまったのです。
しかも抜かしたのは自分と同じ国の選手なので、おめでとうのハグをするわけです。
最後の最後に気を抜いてしまったためにメダルを逃したのは自分のせいとはいえちょっと切ないですね。